わたし、「ゆうじ」は、熱い志をもってこの魚沼から県議会議員を目指す覚悟を致しました。魚沼市議会議員を辞し、大好きなふるさとの人と地域を皆様と共に築いていきたいという熱情にかられているからです。

今、わたしたちが最も願っていることは何でしょうか。安心して暮らしたい、人々が共に信頼しあう社会でありたい。安全・安心の町で子供から高齢者まで、一人ひとりがみな幸せ感を持って毎日を過ごしたい。そんなあたりまえのことを願い日を送るのではないでしょうか。
改めて、魚沼を見てみましょう。

安全・安心の暮らしは保証されていますか?
安心して子供を産み育て、教育が出来る環境ですか?
働く場があり、経済に明るい見通しがありますか?
医療・福祉は充実していますか?

次々と不安と疑問が出てきます。

今の魚沼を活力ある安心安全の地域にしたい。そのためには、新潟県と魚沼をつなぎ、地域の課題を県の課題として共につくりあげていかなければなりません。
わたし、「ゆうじ」は、魚沼と新潟県との架け橋となり、一人ひとりがゆめと希望をもって、明日をきりひらいていける地域づくりに命をかけます。
わたしだから出来る。変えられる。
5人の子の親です。
人生の挫折も体験しています。
ふつうのくらしの嘆きとささやかな希望のもち方を知っています。

新しい魚沼を新しい行動力でとりくむゆうじと共につくりあげていこうではありませんか。